そうかリノベーションまちづくりさんぽ(リノさんぽ)開催!

5月27日(日)に開催される『そうかリノベーションまちづくりさんぽ(リノさんぽ)』に、リノベーションスクール@そうか対象案件 『soso park』として参加致します。

『そうかリノベーションまちづくりさんぽ』対象案件一覧MAP

奏草舎は『soso park』内に、6月下旬オープン予定の『soso cafe』を想定した内容でみなさまをお迎え致します。

当日の『soso park』特典は、スタンプを押してくれた方にくじ引き1回、そしてスタンプ特典として10% off。

みなさま、草加のリノベーション案件の魅力をぐるりと視察しながら、ぜひ体感しに来てください。

『そうかリノベーションまちづくりさんぽ(リノさんぽ)』は、さらにスペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
詳細は草加市役所ホームページ↓を御覧ください!
5月27日(日曜日)そうかリノベーションまちづくりさんぽ(リノさんぽ)開催! – 草加市役所

カフェギャラリーコンバーション、チャヴィペルトにおいて、世界初の完全栄養パスタ『BASE PASTA™』の販売を開始

株式会社奏草舎(代表取締役社長:塚本 正、本社:埼玉県草加市、以下奏草舎)は、「主食をイノベーションして、健康を当たり前に」をビジョンとするベースフード株式会社(代表取締役社長:橋本 舜、本社:東京都目黒区、以下ベースフード)が開発・販売する世界初の完全栄養パスタ「BASE PASTA™」の取り扱いを開始し、古民家カフェ「カフェギャラリーコンバーション」(埼玉県草加市)、野菜の生産と販売をする「チャヴィペルト」(埼玉県草加市)にて1月18日(木)より販売開始いたしました。

『BASE PASTA™』の店舗販売は、埼玉県内では初となります。

また『カフェギャラリーコンバーション』では、『BASE PASTA™』を使用した新メニューも1月22日(月)より提供開始いたします。

カフェ コンバーションがベースパスタで試作したカルボナーラ

リノベーションによるエリアプロデュースと再生を行ない、賑わい、憩い、繋がりに溢れる街づくりをしていくことがミッションである奏草舎は「主食をイノベーションして、健康を当たり前に」というベースフードのビジョンに共感。

これからの街づくりのヒントとなる繋がりを強く感じています。

奏草舎は、5月に草加駅東口にコミュニティパーク『soso park(ソソパーク)』と、敷地内に『カフェギャラリーコンバーション』と『チャヴィペルト』がプロデュースするカフェスタンド『soso cafe(ソソカフェ)』のオープンを予定。

“街づくり”や“コミュニティづくり”に不可欠となる「安心・安全な食を美味しく楽しく届ける」取り組みを、今後も積極的に行っていきます。

 

■ 完全栄養食「BASE PASTA™」とは
BASE PASTAは10種類以上の栄養豊富な食材が練りこまれた、世界初の完全栄養パスタ(特許申請中)販売開始日:2017年2月
URL: https://basefood.co.jp/

《特徴》
* 日本人の1食に必要な31種の栄養素を全て含む※
* 穀物由来の香ばしい風味ともちもちの食感で「おいしさと栄養を両立」
* 通常の生パスタと比較して糖質50%オフ・カロリー30%オフ
* 茹で時間わずか2分間で、忙しい方でも簡単に栄養バランスが取れる。
※栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づく(過剰摂取の懸念されるカロリー・炭水化物・ナトリウムを除く)

 

『カフェギャラリー コンバーション』
https://www.instagram.com/cafe__conversion/

 

 

 

 


草加で10年以上続く老舗カフェ。
古民家を店主がセルフビルドでつくりあげた雰囲気ある店舗は
地元の主婦層はもちろん、市外・県外からも多くの人が男女問わず集う
人気のカフェ。

 

『chavipelto (チャヴィペルト)』
http://www.chavipelto.co.jp/

 

 

 

 


草加の住宅地で育てた野菜を自ら店舗で加工販売する人気店。
生産した野菜は市内の小中学校でも使われる安心安全の品質。
親子で楽しむ収穫体験等、幅広い活動と確かな品質で愛されている。

 

【株式会社奏草舎について】
本社:〒340-0021 埼玉県草加市手代町1013−15
代表者:代表取締役社長 塚本 正
設立:2017年3月3日
資本金:125万円
Tel:080-3150-3235
URL:http://soso-sha.com
事業内容:遊休不動産、空間資源を活用したエリアプロデュースとエリアマネジメント

草加市高砂二丁目地内まちづくり推進事業用地利活用に係る公募型プロポーザルにおいて、奏草舎が事業者に選定されました

株式会社奏草舎(埼玉県草加市、代表取締役社長:塚本正)は、草加市高砂二丁目地内まちづくり推進事業用地利活用に係る公募型プロポーザルにおいて、事業者に選定されました。

草加市高砂二丁目地内まちづくり推進事業用地利活用事業者選定に係る公募型プロポーザル選定結果(草加市ホームページより)

そうかリノベーションまちづくり構想に賛同している奏草舎は、ベッドタウンとして栄えてきた草加市がもつ課題を魅力に変換する活動の交点として、草加産採れたて野菜を使用したカフェ、非日常のにぎわいを創出するマーケットイベント、新たな産業を創出するチャレンジショップを主要事業に、誰もが気軽に利用できる憩いスペースなどを設置した飲食店併設コミュニティパークの提案を行ないました。

体験の創出、産業の創出、交流の振興の3つをビジョンに、2018年5月オープンを目指し、利用者・歩行者が移動するごとに多様な空間が顔を出す、発見的な場・街並みをデザインしていきます。

 

■提案概要(2017 年 9 月 20 日現在)

《事業名称》 :(仮称)飲食店併設コミュニティパーク『soso park(ソソパーク)』
《所在》: 埼玉県草加市高砂二丁目60番1、60番6/157.58㎡、42.31㎡
《業態》: カフェ、チャレンジショップ、マーケットイベントなど

 

【株式会社奏草舎について】

本社:〒340-0021 埼玉県草加市手代町1013−15
代表者:代表取締役社長 塚本 正
設立:2017年3月3日
資本金:125万円
Tel:080-3150-3235
URL:http://soso-sha.com
事業内容:遊休不動産、空間資源を活用したエリアプロデュースとエリアマネジメント