東京2020オリンピック・パラリンピック記念貨幣でおつり出しちゃいます!

奏草舎が運営するカフェスタンド『sosocafe(ソソカフェ)(草加駅東口 徒歩3分)』では、12月1日(土)より、お買い物をしてくれたお客様限定で、100円硬貨のおつりを東京オリンピック・パラリンピック記念貨幣(100円クラッド貨幣)でお渡しいたします。

100円クラッド貨幣の種類は、東京オリンピック(フェンシング)、東京パラリンピック(ボッチャ)の2種類で、お買い物をしてくれたお客様に限り、おつり、または100円との等価で、1回のお買い物で2枚まで交換可能となります。

100円クラッド貨幣の枚数は各25枚ずつと少数のため、ご希望の方のみの先着順。なくなり次第終了とさせていただきます。

ご自身のコレクションにはもちろん、お子さまやお孫さまへのプレゼントにもぜひご利用ください。

『えりも小豆』と『にたてもち(こめんぼう)』を使用した特製おしるこの販売を開始!

株式会社奏草舎(代表取締役社長:塚本 正、本社:埼玉県草加市、以下奏草舎)が運営するカフェスタンド『sosocafe(ソソカフェ)(草加駅東口 徒歩3分)』は、北海道十勝産の『えりも小豆』と、お米の聖地 新潟県岩船産コシヒカリ100%で作られた郷土食『にたてもち(こめんぼう)』を使用した特製おしるこを11月17日(土)より期間限定で販売致します。

栽培管理は農薬7割減、化学肥料8割減の栽培で作られた『えりも小豆』は、しっかりした風味があり、トックのように弾力がある『こめんぼう』との相性も抜群で、これからの寒い季節にぴったりな体温まる、安心で美味しいおやつです。

価格は380円(税込410円)で、2019年2月28日(木)までの期間限定販売となっております。

東毛酪農ミルクを使用した濃厚ソフトクリームに草加せんべいをトッピング!sosocafeが五感を刺激する『ソソソフトクリーム』の販売をスタート!

株式会社奏草舎(代表取締役社長:塚本 正、本社:埼玉県草加市、以下奏草舎)が運営するカフェスタンド『sosocafe(ソソカフェ)(草加駅東口 徒歩3分)』は、東毛酪農ミルクを使用した濃厚ソフトクリームに草加せんべいと金平糖をトッピングした、五感を刺激する『ソソソフトクリーム』の販売を9月22日(土)からスタート致します。

奏草舎が運営する『sosocafe』はオープンから1ヶ月経ちますが、かねてより準備していたソフトクリームの販売を9月22日(土)からスタートすることになりました。

ソフトクリームには、低温殺菌牛乳のパイオニア『東毛酪農』から直送の東毛酪農低温殺菌牛乳63℃を使用。

そして、スプーンをイメージした草加せんべいのトッピングは、創業・慶應元年の老舗『いけだ屋』の多大なるご協力により開発製造。そこに、小粒でカラフルな金平糖をさらに散りばめることで”sosocafeでしか食べることのできないソフトクリーム”を実現しました。

『ソソソフトクリーム』は、冷たく濃厚でおいしいミルクの味と香りはもちろんのこと、ソフトクリームを草加せんべいですくえば、カラフルでフォトジェニックな金平糖が放つカリカリ食感に新世界を思い抱き、草加せんべいをかじれば”パリポリっ”と心地よい音、甘さとしょっぱさの最高のマリアージュが口の中に広がっていきます。

『ソソソフトクリーム』の味はバニラのみで、トッピングは草加せんべいと金平糖。トッピングの草加せんべいは『醤油・青のり・ゴマ』の3種類から選べます。

価格はトッピング込みで500円(税込540円)。

 

<<『sosocafe(ソソカフェ)』店舗情報>>
住所:埼玉県草加市高砂2-20-2 sosopark内
オープン日:2018年8月21日(火)
営業時間:7:00〜19:00
店休日:年中無休(メンテナンスによる休日あり)
アクセス:東武スカイツリーライン 草加駅東口徒歩3分
店舗HP: http://sosocafe.jp/

草加市初!市の遊休地を利活用したカフェスタンド『sosocafe』を8月21日にオープン!

株式会社奏草舎(代表取締役社長:塚本 正、本社:埼玉県草加市、以下奏草舎)は、草加駅東口から徒歩3分にある、市の遊休地を利活用したコミュニティパーク『sosopark(ソソパーク)』内に、第一弾目のプロジェクトとして、直営のカフェスタンド『sosocafe(ソソカフェ)』を8月21日(火)にオープン致します。

奏草舎は、昨年9月に行われた『草加市高砂二丁目地内まちづくり推進事業用地利活用に係る公募型プロポーザル』において事業者として選定されました。

今回オープンする『sosocafe』も、そのプロポーザルで提案したプロジェクトのひとつとなっています。

店内に座席のないテイクアウトスタイルではあるものの、天気の良い日などは『sosopark』内に配置されたベンチやカウンターなどテラス席のように楽しめるパークレイアウトになっています。

駅前の好立地であるため、近隣住民はもちろん、駅を利用する人々などが気軽にふらっと立ち寄れるスポットとして、まったく新しい空間と景観、そして賑わいを創出していきます。

なお、21日(火)のオープンに先立ち、17日(金)の13時よりレセプション(会費制)を開催致します。

 

《オープニングメニュー》
※オープニングメニューは変更する場合もございます。

・安心・安全で美味しい食材を使用したおむすび(白米・玄米)
・地元野菜たっぷりの具だくさんお味噌汁
・海外有機認証取得の豆をフェアトレードし自社焙煎した豆を使用したコーヒー
・自家製フルーツシロップソーダ
・自家製フルーツシロップかき氷
・オーガニックスポーツドリンク、東毛酪農牛乳、甘酒、小豆茶、ご当地サイダー
・宇宙ビール、ワインカップ、国産ワインなど


<<『sosocafe(ソソカフェ)』店舗情報>>
住所:埼玉県草加市高砂2-20-2 sosopark内
オープン日:2018年8月21日(火)
営業時間:7:00〜19:00
店休日:年中無休(メンテナンスによる休日あり)
アクセス:東武スカイツリーライン 草加駅東口徒歩3分
店舗HP: http://sosocafe.jp/

5月27日(日)より『sosocafeプレミアムクーポン』の販売を期間限定でスタート!!

株式会社奏草舎(埼玉県草加市、代表取締役社長:塚本正)は、カフェスタンド『sosocafe』のオープン(6月末予定)に先がけ、5月27日(日)に開催される『そうかリノベーションまちづくり さんぽ』から、3,500円分の買物ができるプレミアムクーポンを期間限定で3,000円にて販売開始致します。

スペシャルプレミアムクーポンは購入した直後から利用可能です。

『sosocafe スペシャルプレミアムクーポン』概要

販売予定のおむすび(白米、玄米)、地産野菜たっぷりお味噌汁、ソフトクリーム、オーガニックコーヒー、ソフトドリンク、ビール、ワインなどの購入に使用できます。 ※他のクーポン、サービスとの同時利用も可能です。

 

《販売期間》
5月27日(日)11:00〜 11月30日(金)まで
販売期間延長 なくなり次第終了

■価格:3,000円(税込) 700円✕5枚綴り ※購入枚数制限なし

■販売日時・場所

・sosocafe  『sosocafe』
[MAP] https://goo.gl/maps/vWo544J9zuD2

 

『そうかリノベーションまちづくり さんぽ』

埼玉県草加市が取り組むリノベーションまちづくりにより、次々と生まれる新しいお店や新しい魅力、変わり始めた草加市を体感するイベント。
《イベント詳細》⇛ https://soso-sha.com/news/renosampo/

 

『株式会社 奏草舎』

リノベーションによるエリアプロデュースと再生を行ない、賑わい、憩い、繋がりに溢れる”サステイナブルなまちづくり”を公民連携で実現していく家守会社。
リノベーション1号案件として、草加市の遊休地に飲食店が併設する『sosopark』を建設し、6月末に自社で運営する『sosocafe』をオープン予定。

本社:〒340-0021 埼玉県草加市手代町1013−15
代表者:代表取締役社長 塚本 正
設立:2017年3月3日
資本金:125万円
Tel:050-3697-1192
URL:http://soso-sha.com
事業内容:遊休不動産、空間資源を活用したエリアプロデュースとエリアマネジメント

カフェギャラリーコンバーション、チャヴィペルトにおいて、世界初の完全栄養パスタ『BASE PASTA™』の販売を開始

株式会社奏草舎(代表取締役社長:塚本 正、本社:埼玉県草加市、以下奏草舎)は、「主食をイノベーションして、健康を当たり前に」をビジョンとするベースフード株式会社(代表取締役社長:橋本 舜、本社:東京都目黒区、以下ベースフード)が開発・販売する世界初の完全栄養パスタ「BASE PASTA™」の取り扱いを開始し、古民家カフェ「カフェギャラリーコンバーション」(埼玉県草加市)、野菜の生産と販売をする「チャヴィペルト」(埼玉県草加市)にて1月18日(木)より販売開始いたしました。

『BASE PASTA™』の店舗販売は、埼玉県内では初となります。

また『カフェギャラリーコンバーション』では、『BASE PASTA™』を使用した新メニューも1月22日(月)より提供開始いたします。

カフェ コンバーションがベースパスタで試作したカルボナーラ

リノベーションによるエリアプロデュースと再生を行ない、賑わい、憩い、繋がりに溢れる街づくりをしていくことがミッションである奏草舎は「主食をイノベーションして、健康を当たり前に」というベースフードのビジョンに共感。

これからの街づくりのヒントとなる繋がりを強く感じています。

奏草舎は、5月に草加駅東口にコミュニティパーク『soso park(ソソパーク)』と、敷地内に『カフェギャラリーコンバーション』と『チャヴィペルト』がプロデュースするカフェスタンド『soso cafe(ソソカフェ)』のオープンを予定。

“街づくり”や“コミュニティづくり”に不可欠となる「安心・安全な食を美味しく楽しく届ける」取り組みを、今後も積極的に行っていきます。

 

■ 完全栄養食「BASE PASTA™」とは
BASE PASTAは10種類以上の栄養豊富な食材が練りこまれた、世界初の完全栄養パスタ(特許申請中)販売開始日:2017年2月
URL: https://basefood.co.jp/

《特徴》
* 日本人の1食に必要な31種の栄養素を全て含む※
* 穀物由来の香ばしい風味ともちもちの食感で「おいしさと栄養を両立」
* 通常の生パスタと比較して糖質50%オフ・カロリー30%オフ
* 茹で時間わずか2分間で、忙しい方でも簡単に栄養バランスが取れる。
※栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づく(過剰摂取の懸念されるカロリー・炭水化物・ナトリウムを除く)

 

『カフェギャラリー コンバーション』
https://www.instagram.com/cafe__conversion/

 

 

 

 


草加で10年以上続く老舗カフェ。
古民家を店主がセルフビルドでつくりあげた雰囲気ある店舗は
地元の主婦層はもちろん、市外・県外からも多くの人が男女問わず集う
人気のカフェ。

 

『chavipelto (チャヴィペルト)』
http://www.chavipelto.co.jp/

 

 

 

 


草加の住宅地で育てた野菜を自ら店舗で加工販売する人気店。
生産した野菜は市内の小中学校でも使われる安心安全の品質。
親子で楽しむ収穫体験等、幅広い活動と確かな品質で愛されている。

 

【株式会社奏草舎について】
本社:〒340-0021 埼玉県草加市手代町1013−15
代表者:代表取締役社長 塚本 正
設立:2017年3月3日
資本金:125万円
Tel:080-3150-3235
URL:http://soso-sha.com
事業内容:遊休不動産、空間資源を活用したエリアプロデュースとエリアマネジメント

草加市高砂二丁目地内まちづくり推進事業用地利活用に係る公募型プロポーザルにおいて、奏草舎が事業者に選定されました

株式会社奏草舎(埼玉県草加市、代表取締役社長:塚本正)は、草加市高砂二丁目地内まちづくり推進事業用地利活用に係る公募型プロポーザルにおいて、事業者に選定されました。

草加市高砂二丁目地内まちづくり推進事業用地利活用事業者選定に係る公募型プロポーザル選定結果(草加市ホームページより)

そうかリノベーションまちづくり構想に賛同している奏草舎は、ベッドタウンとして栄えてきた草加市がもつ課題を魅力に変換する活動の交点として、草加産採れたて野菜を使用したカフェ、非日常のにぎわいを創出するマーケットイベント、新たな産業を創出するチャレンジショップを主要事業に、誰もが気軽に利用できる憩いスペースなどを設置した飲食店併設コミュニティパークの提案を行ないました。

体験の創出、産業の創出、交流の振興の3つをビジョンに、2018年5月オープンを目指し、利用者・歩行者が移動するごとに多様な空間が顔を出す、発見的な場・街並みをデザインしていきます。

 

■提案概要(2017 年 9 月 20 日現在)

《事業名称》 :(仮称)飲食店併設コミュニティパーク『soso park(ソソパーク)』
《所在》: 埼玉県草加市高砂二丁目60番1、60番6/157.58㎡、42.31㎡
《業態》: カフェ、チャレンジショップ、マーケットイベントなど

 

【株式会社奏草舎について】

本社:〒340-0021 埼玉県草加市手代町1013−15
代表者:代表取締役社長 塚本 正
設立:2017年3月3日
資本金:125万円
Tel:080-3150-3235
URL:http://soso-sha.com
事業内容:遊休不動産、空間資源を活用したエリアプロデュースとエリアマネジメント